サンヨーリフォーム

サンヨーリフォーム株式会社

サンヨーリフォームは、暮らし手の想いを大切に、ご家族が快適に暮らせる住まいづくりのお手伝いをいたします。

TOPページリフォームのご案内施工実例 > 11 兵庫県 K様邸
新旧技術の融合で木造の味わいはそのままに住みやすく 
兵庫県 K様邸
Before

匠の技術で建てられた伝統的な日本家屋。建築時から屋根を葺き替えたことはなく、老朽化や地震の影響で強度の不安もありました。

木造伝統家屋に現代性をプラスして、
3世代が心地よく暮らせる住まいに。

長年の風雨や地震で傷みが目立ち始めていたK様のご自宅は、伝統工法で建てられた築約65年の木造住宅です。 「同様のものを新築すると大変な費用が必要ですし、祖父が建てた思い入れのある家でもあるので、なんとかリフォームで対応できないかと考えていました」。 ご主人の切実な思いに応えて、木造の風情を保ちながら耐震補強を施し、ご両親も安心して暮らせる空間へ。 葺き替えた屋根には太陽光発電システムを搭載し、伝統と最先端の技術が調和した住まいになりました。

親類が集まる広間として使う1 階南側の和室2間は、建物の強度を高めるために一部の柱や壁を増設しているものの、親しみのある元の姿をできるだけ保持。既存の構造材は見えない部分に補強金具などを補いました。

広い土間を縮小して玄関ホールを拡張。 木造部分は活かして壁は漆喰で塗り直し、空間のアクセントとして正面に飾り台を設けました。
和室に併設された広縁は内装を一新。 大きな開口部は冬の冷気の入口にもなるため、樹脂サッシとペアガラスを採用して高断熱仕様に。

1階奥の和室2室は、ご両親が使いやすいように洋室へと変更。 北側で少し暗かったため、トップライトもあしらいました。

既存トイレの横に新しく設けたトイレは、将来の母屋東側のリフォームに備えてのもの。 大・小便器と手洗いカウンターを設置。
母屋東側の居間も、屋根の付け替えに伴ってトップライトを新設。 既存の梁は残しました。

Before

2階には和室2室と納戸がありましたが、息子さん3人それぞれの個室を確保するために約6帖の洋室3室へとリニューアル。 コストを抑えるため、既存窓に内窓を加えることで開口部の断熱性を高めています。

Before
2階の廊下は落ち着いた色調のフローリングや白いクロスに張り替えて、明るくモダンな印象に。 奥まで貫いていた部分は西側の洋室と統合しました。
古い日本家屋ならではの急勾配で危なかった階段は、少し奥へ位置をずらして折り返し、緩やかな勾配へと変更。

Before

壁の必要箇所には新たに筋かいを設置し、金具で補強しました。さらに耐震壁を要所に付け加えることで建物全体の耐震強度をアップ。 長く安心して暮らせるハードにしています。

傷んでいた軒下の木部もすべて張り替えて一新。 木が持つ温もりを引き継ぎながら、明るく現代的な雰囲気へと生まれ変わりました。
リズミカルに並ぶ四角い飛び石をモルタルで埋め込んだアプローチ。 玄関内と同じ仕上げで、内外の連続性を持たせました。

階段下の空間を利用した飾り台。 奥はトップライト(天窓)で自然光を呼び込みました。 玄関ホールが広く感じられ、モダンな空間を演出しています。

ご家族が住みながらの工事のため、今回は母屋の2階建て部分を中心にリフォームを実施。 躯体の耐震補強を施すと同時に、ひと続きになった平屋部分も含めて軽量瓦に葺き替え、建物への負荷を軽減しています。
「屋根を葺き替えるタイミングで導入したいと以前から考えていました」という太陽光発電システム。 南側の屋根に3.45kW分を搭載しました。

REFORM DATA

屋根・外装・外廻り

屋根葺き替え/断熱工事/耐震補強/太陽光発電システム設置 その他

水廻り

トイレ・手洗いカウンター新設

内装

(玄関ホール)床貼り替え・壁塗り替え・天窓設置・収納設置
(階段)掛け替え
(1階洋室)フローリング設置・壁クロス貼り・天窓設置
(1階和室)畳取り替え・壁塗り替え・柱増設
(2階洋室)フローリング設置・壁クロス貼り その他
●伝統的な木造建築を活かしながら、柱や壁の補強で耐震性向上。
●軽量タイプの屋根瓦に葺き替え、太陽光発電システムを搭載。
●1階和室2室をご両親用の洋室に改め、一部の床の段差を解消。
●トップライトを新設して、暗かった北側の部屋を明るく。
●2階の和室2室および納戸を造り替えて洋室3室の子供部屋に。
お客様

力強く「できます!」と後押ししていただきました。

現代風の家に建て替えれば、気密性が高くて地震に強く、見た目もきれいになるので、まわりからは新築することを勧められましたが、その気持ちはありませんでした。 ただ、建物の傷みが激しく、本当にこの家がリフォームに耐えられるのかという不安も。 けれどもサンヨーリフォームさんは予算内で「できます!」とおっしゃってくれ、難しいお願いも「大丈夫です」と快く引き受けてくれました。 屋根の葺き替えと併せて念願の太陽光発電システムも導入でき、リフォームして良かったと実感しています。
担当スタッフ

暮らしやすさと同時にデザインにも配慮

思いがこもったお住まいを守り継ぎたいというK様のご希望はもちろん、この場所が市街化調整区域で建て替えの制限が厳しいことも、リフォームを選ぶ事情としてありました。 内装工事のポイントのひとつとして、昔ながらの間取りということで室内のいたるところに見られた段差を解消し、室内の行き来にも上り下りが必要だった土間スペースを縮小するなど、バリアフリーに配慮しています。 玄関ホールを広くしたいということはKさまからのご要望でもあり、大きな空間にデザイン的なアクセントを添える意味で、階段下に坪庭的な飾り台を提案させていただきました。
サンヨーリフォーム 営業/安藤 善信

構造材を活かしつつ住宅性能をアップ

構造部分に使われている立派な木材は残してほしいというお話でしたので、梁・桁・柱などは基本的にそのまま活かし、室内の壁を一度すべて取り除いて耐震補強を施したのちに、再び塗り直しています。 必要箇所については柱や耐震壁も補いました。 一方、湿気とシロアリによる被害が大きかった床下は、柱の根継ぎをしたり、コンクリートを打ったりすることで強度を確保。 また、リフォーム前には悩みのひとつだったという冬の寒さ対策として、壁・床・天井に断熱材を入れるとともに、1階には樹脂サッシとペアガラス、2階には内窓を設置して、住まい全体の断熱性を高めています。
サンヨーリフォーム 設計/中西 隆富